worldwide Executive Search Group

人材コンサルタントに対し、ヘッドハンターの定義



ヘッドハンターは「エグゼクティブサーチ」だけを使い、依頼を受けたクライアント企業様の競合会社近辺から、候補者を直接サーチします。 候補者ノウハウの質は、専門業界知識とすでに存在する職歴一致により、本質的に高くなります。 最新のヘッドハンティング会社では、専門家のサポート (いわゆるリサーチャー) を使っています。リサーチャーは探偵のように情報を集め、企業に電話して候補者を確認します。 望みの条件に基づき、直接の競合会社から適切な人材がヘッドハンティングされます。 弊社のヘッドハンターは社会ネットワークで候補者をサーチしたり、または望まれていない限り他の分野からの転職者を紹介することは致しません。
 
一般の人材コンサルタントは、新聞にある求人広告やインターネットのポータルを見ながら、クライアントに適した候補者を探します。 関連業界からの候補者でない場合もしばしばありますし、転職者であることもあります。 中堅企業から年収 1 千万以下の専門職者を探すというケースが、人材コンサルタントにはよくあります。 しかしこのような場合インターネットでの応募者が多いので、直接サーチを依頼することは無駄なことですし、また必要でもありません。

どちらの方法が適しているかに関しては、クライアント自身が決められることです。 ヘッドハンターに依頼してサーチしても、人材コンサルタントの会社にサーチを依頼しても、コストには殆ど変わりがありません。しかし直接サーチを専門にするヘッドハンターは、より適した人材を短期間に紹介することができます。

幸運に巡り合うのを待っているだけでは、十分ではありません。 幸運をアクティブに探すことが、成功の秘訣です。


定義 / 説明: ヘッドハンターに対する、人材コンサルタント

クライアント様との話し合いでしばしば経験することですが、使われる概念や人材市場に関して誤解や、不明な点があります。ですからここで、普及している概念に関して説明させて頂きます。
ヘッドハンティングも人材コンサルティングも企業コンサルティングに属し、数々のコンサルティング分野をカバーしています。 業界の売上 9 割以上を占めるのは専門職者と管理職者のサーチと選択で、これが殆どの人材コンサルティング業務の重点となっています。管理職者となる人材も、人材コンサルティング会社がサーチすることもあります。

ヘッドハンターはその言葉のごとく、第一レベルでの特別に資格が高い管理職者、重役そしてトップマネージャのサーチを主としています。ですからサーチの方法自体、人材コンサルティングとはおのずから違ってきます。

人材コンサルタントまたはヘッドハンター、リクルーターまたはリサーチャー。違った職種または名前が違うだけ ?

インターネットや専門雑誌で人材コンサルタント、またはヘッドハンターの定義を探してみると、明確で統一された定義というものがないということがわかります。 そして提供されるサービスの内容も違ってきますし、また各コンサルティング会社の方針も違っています。

2001 年の経済危機までは、市場には透明性がありました。特定のポジションを探すクライアントや企業は、市場の会社の業務がはっきりわかっていました。 ヘッドハンター業界のビッグプレイヤー (Egon Zehnder、huntingheads、Korn & Ferry、Spencer Stuart、Heidrick&Struggles など) は主に大企業、世界的なコンツェルン企業をクライアントとし、第一そして第二レベルでのトップマネージャをサーチしていました。
知れた人材コンサルティング会社(Kienbaum、Baumann、Steinbach & Partner、Michael Page など) は、専門職者や管理職者を探している中堅企業にサービスを提供していました。

経済危機の後、多数の人材コンサルティング会社が設立されて、市場に現れてきました。 競争に生き延びるために、サービスを結果次第の条件で提供することを、余儀なくさせられました。 名称は保護されていないので、誰でも人材コンサルタントまたはヘッドハンターと呼びことができ、まさに業界の面汚しとなっていました。新しく設立された人材コンサルティング会社の多くには業務の知識が殆どなく、経験もありませんでした。BDU によると、その結果毎月 40 社以上の会社が倒産となりました。人材コンサルタントの名前自体、悪い印象を与えるようになってしまいました。 新設の人材コンサルティング会社で市場を生き延びたいくつかの会社は、「人材コンサルタント」の名称ではあまり業績を上げることができないと気付き、「ヘッドハンティング」または直接サーチサービスを提供すると宣伝するようになりました。ヘッドハンター会社のサービスは、数が限られた企業だけにアクセスが可能であったので、今でも高級なサービスという評判があります。トップ企業も、中堅企業も資格を有したヘッドハンターに面識があります。 このような企業に直接サーチサービスを提供しているのは、わずか 30~40 社にすぎません。それに対して人材コンサルティング会社のなかには、ヘッドハンティングサービスを提供すると言いながら、インターネットホームページに「広告をもとにして」サーチしていますと、書いている会社もあります。! 
クライアント企業からの依頼で、優秀な専門職者や管理職者のサーチと選択という業務は、ヘッドハンターと人材コンサルタントとに概念的には、共通する業務です。「ヘッドハンター」とはコンサルタントを意味し、優秀なそして経験のある人材にコンタクトして、転職を促すことを専門にしています。企業組織の第一そして第二レベルでのポジション、または中堅企業の経営管理職への人材の紹介が主な役目です。

「人材コンサルタント」とは、インターネットまたはその他メディアを使い、求人広告を見ながら該当のポジションを探すコンサルタントを意味しています。Facebookや XING などの社会ネットワーク、またはジョブポータルを使って適した候補者を探すこともしばしばあります。この場合いわゆるリクルーターの助けを借りることもあります。

リクルーターとリサーチャーの違いがはっきりしないと、クライアント企業が惑わってしまうのは当然のことです。同じ仕事をしているとも思われてしまいます。リクルーターとは専門家ではなくてただ、データベースを照会して該当の候補者をフィルターするのが仕事です。

Dリサーチャーはプロフェッショナルであり、詳細な市場の情報をつぶらに探偵のように網羅するのが仕事です。ヘッドハンターにとって不可欠なサポートであり、適切な人材に直接コンタクトすることにより、「直接サーチ」を可能にしています。リサーチャーの仕事なしには、直接サーチは不可能です。 データベースから候補者をフィルターするのではなく、ジョブポータルで候補者をサーチするのでもなく、自らは転職を探していない優秀な候補者にコンタクトするのがリサーチャーです。

プロフェッショナルなヘッドハンターは、XING などの社会ネットワークで候補者をサーチしたり、または他の分野からの転職者を紹介することはしません。ヘッドハンターがコンタクトする候補者は、殆どの場合三か月または六か月後に他の企業で仕事に就くなどとは、全く考えてもみなかったような方々です。このような人材は自ら他の職場を探さなくても、職業経歴における新しい挑戦を見つけて、転職のチャンスが与えられるような方々です。  以前から仕事を探している、そして社会ネットワークでたやすく確認できるような、または他の会社にすでに応募しているような人材が、しばしば人材コンサルタントから紹介されてきます。人材コンサルタント、ヘッドハンターまたはエグゼクティブサーチ・コンサルタントなど、名称はどうであろうともクライアントにとって重要なポイントは、希望の人材を探すのに使われるサーチ方法です。

人材コンサルタントのサーチ方法

人材のサーチに人材コンサルタントが使う方法として、広告サーチが適応されます。またはリクルーターの助けを借りることもあります。

人材コンサルタントは、オンラインまたは印刷メディアに求人広告を出します。新聞や週刊誌または専門誌での広告は優秀な人材を探す際、この数年間重要性が失われてきており、結果も思うようには得られないようになってきました。その反面インターネットが情報メディアとして、より重要になってきています。

インターネットに広告を出すには、数々の可能性があります。最も頻繁に使われるオンラインメディアには、ジョブマーケット、ポータル、掲示板そして社会ネットワークがあります。 勿論これらを効果的に使えるには幅広い知識と、情報そしてウェブ技術に関しての並外れた経験が必要です。コンサルタントによっては十分なノウハウがない人もいるので、クライアントは前もって確認するように注意が必要です。 リクルーターのサポートを使うこともあります。リクルーターはジョブポータルと社会ネットワークをつぶさに検索し、データベースに保存された候補者の履歴書を参考に、特定のスキルをサーチします。

ヘッドハンターのサーチ方法

ヘッドハンターが使う直接サーチ (direct search) では、人材コンサルタントのように適切な人材が応募して来るまで、待ってはいません。

ヘッドハンターは独自の方法で適切な人材をアクティブにサーチして、個人的にコンタクトします。クライアント企業が望む資格に適合する人材を確認すると、転職するように勧誘します。 最新のヘッドハンター会社では、リサーチャーが前もってサーチします。リサーチャーは職歴により、それぞれの業界を専門にしています。

人材コンサルタントの報酬制と料金

人材コンサルティングサービスの報酬は、原則として紹介した人材の年収 1 割から 2 割です。決まった報酬でコンサルティングを提供する会社もあります。 殆どの人材コンサルティング会社は、成功報酬制を提供しています。報酬は人材が紹介されて入社するまで、支払われません。その反面クライアント企業が、同時に他の人材コンサルティングサービスにも依頼を出さないように、契約書を要求することがあります。この契約を破ると、しばしば高額な罰金が科されます。

自らヘッドハンターと名乗ったり、直接サーチを使うと話す人材コンサルタントもいます。しかし内金例えば 3 割内金を要求してこなかったり、または上記のような独占契約を結ばずに、成功報酬制を提供するようないわゆるヘッドハンターは、実際は直接サーチはしていないと見ることができます。つまりこのような前提なしに、広範囲にわたるリサーチや直接コンタクトをするということは、会社としての信用リスクが大き過ぎるからです。

ヘッドハンターの報酬制と料金

探している人材のポジションと、希有性によって報酬は変わってきますが、 原則として紹介した人材の年収 3 割から 5 割です。 それとは別にヘッドハンティング会社は、人材紹介依頼を承るのに最小限のコストをカバーする、最低料金を要求します。 殆どのヘッドハンターは委託で仕事をしており、サーチ依頼を受ける際に報酬の一部を要求します。内金を預かることにより、サーチプロセスにかかるコストをカバーすることができます。 人材紹介依頼を承る際、報酬総額の 3 割が前金としてしばしば要求されることがあります。時間またはプロジェクトの進捗に応じて、もう 3 割が必要となります。そして紹介した人材がクライアント企業に入社となると、残りの報酬が支払われようになります。

上記の金額は例としてだけであり、コンサルタントを依頼する際の目安となります。 その他の報酬制や支払い期間が、クライアント企業とコンサルタントとの間で取り決められることもあります。最終的にはヘッドハンターが報酬制を、どのように説明するかによって違ってきます。

コンサルタント選択の基準

ヘッドハンターに人材紹介を依頼したい場合、まず会社の業界を専門に扱っているヘッドハンティング会社を探します。 そして個人的な話し合いにより、互いに意志が通じ合えるかどうかを確認します。信頼のおけるコンサルタントである場合、探している人材の資格と能力に関してできる限り詳しく説明します。 どのような方法を使って人材をサーチしているのかヘッドハンターに質問し、個々の詳細について説明させます。これはオンラインサーチ技術を避けたり、話し相手のヘッドハンターがいわゆるキャッチフレーズを使って自分の専門知識の不足を隠したり、そしてペテン師を発見するのに役立ちます。

企业客户须知信息

我们为企业客户提供的服务
企业客户

Application for members

How can i become an Group Member
申请人

主动申请

欧洲猎头公司的冠军联赛。

最新招聘职位

招聘职位列表总览。
招聘职位

Your partner

Asia Headquarter:

Level 32 & 33, Interchange 21, 399
Sukhumvit Road, North Klongtoey,
Wattana, Bangkok, 10110
Phone: +66 9909 18357
Mail: Asia@hunting-heads.com


East Europe Headquarter:

USCE Tower
19th Floor, 6 Mihalia Pupina Blvd.
11070 Belgrade, Serbia
Phone: +381-6284 08161
Mail: Office@huntingheads.com

Middle East Headquarter:

Boulevard Plaza Tower 1, Level 14,
Sheikh Mohamed Bin Rashid
Boulevard Downtown Dubai
Phone: +971 4556 1906
Mail: info@huntingheads-me.com

Western Europe Headquarter:

Schlierseestrasse 10
95445 Bayreuth
Phone: +49 (0)921 50743502
Mail: Europe@hunting-heads.com

South Europe Headquarter:

Via Andrea Appiani, 12
20121 Milano Italy
Phone: +39 02 8055352
Mail: italy@huntingheads.it

hunting heads 公司简介